見せる収納!調理器具をおしゃれに見せよう

おしゃれな収納を考えよう

見せる収納を考える

フライパン、鍋、包丁、泡だて器、調味料…と台所はなにかと散らかってしまうところです。
キッチングッズは多種多様であり、キッチン収納は永遠のテーマでもあります。
それなのに、キッチングッズはかわいいもの・おしゃれなものが続々発売されており、つい目に入ってしまいますね。
台所は毎日使うものですから、自分の気に入ったおしゃれなものを使っておきたいですね。
そうしたかわいい品々が散らかっていると目も当てられないですが、かといってがっちりしまい込んでしまうとどうも味気のない生活に感じられてしまいます。
せっかくかわいいもの買ったのに…と謎の悩みを抱えることになってしまいます。
こんなとき、見せる収納というものを実践すると毎日の生活にも楽しみや潤いがでてきます。

本来の収納は、整理整頓して物品を見えないようにするものなのかもしれませんが、最近ではインテリアの一部としてあえて見せるように収納する方法が人気となっています。
見せる収納は自己満足かもしれませんが、台所がオープンになっていると来客のときに見せる収納をしていると気分がいいものですね。
もちろん、使い勝手が悪いと意味がありません。
見せる収納は、収納をしっかりしつつ魅せていくものなのです。
いろいろな見せる収納のパターンがあるので、取り入れられるものはどんどん真似して台所まわりを快適なものにしていきましょう。
このサイトでは、そのパターンをまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

収納しつつ見せる

ものを収納するにも、漠然と行ってはうまくいきません。片付けには流れなども大事といいますが、見せる収納となるとなおさらです。始める前に気を付けたいことをまとめてみましたので、実践してみましょう。まず最初の一歩が肝心なのです。素敵な自分だけのキッチンをつくっていきましょう。

置くだけでなく吊るしていく

重ねておく、しまいこむ、といった収納の基本は隠す収納です。見せる収納の王道は吊るす収納です。キッチンツールは吊るすにはよい状態のものが多々あります。吊るしておくことで見た目も華やかになり、キッチン自体が楽しい空間になりますね。吊るしていくことで使い勝手も向上します。

見せる収納のデメリット

見せる収納は素晴らしいものではありますが、デメリットもあります。出しっぱなしになるので、そのへんから起こる汚れへの脆弱性は考えなくてはいけないポイントですね。そうしたデメリットも考慮したうえで、見せる収納・隠す収納を区別して完成させていきましょう。

▲ ページトップへ戻る